So-net無料ブログ作成

アンコール・トムを往く(その2) [カンボジア旅日記]

こんにちは。コモ太郎一味でございます☆
今日は梅雨も中休みか、タイに居た頃を思わせる快晴です。
でも天気がいいので朝から掃除洗濯、買い物に午前中を費やしてしまいました…。
コモ太郎 『タイに居たときは掃除洗濯、全部メイドさんがやってくれたのになぁ。』
あっちの生活に慣れすぎると、日本で生活がとても不便に感じてしまいます(^^;) 物価も高いですしね。

さてさて、アンコール・トムの続きです☆
P1060506.jpg P1060509.jpg
ここは完全に野ざらしの遺跡ですが、さすがは世界文化遺産。重厚な雰囲気が漂っています。 
コモ太郎 『でもねー、写真に写らない苦労があるよね。ここは。』
そうなんです。
苦労その1、アップダウンが結構激しく、中の移動は結構大変。
コモ太郎 『もちろんエスカレータなんてないからね。』
苦労その2、地面も石畳になっているので太陽の反射熱がハンパない。
コモ太郎 『フライパンで炒められるのってこんな感じかな?』
これら苦労はなかなか写真には表すことはできません(^^;)
お越しの際は、タオルは絶対に忘れちゃいけません。汗が皮膚のあらゆる穴から噴出してきますから。
P1060515.jpg P1060516.jpg
P1060517.jpg P1060510.jpg
コモ太郎 『でも建物の中はひんやりしていて気持ちいいね。』
部屋の中で壁を作っている石や天井に隙間なく組まれた石を見ていると…
P1060502.jpg P1060500.jpg
コモ太郎 『こんな石積み、どうやって昔に作ったんだろう。』
だいたい、石を組み合わせると間に隙間ができるものですが、綺麗に組み合わさっております。
しかもところによってはL字型に組まれていたり。
コモ太郎 『築城の名手、藤堂高虎や丹羽長秀もびっくりだね。』
こんな昔にどうやってこんな石の加工技術を体得していたんでしょうね。すごいです。

壁や柱のあちこちにはお決まり(?)の女神像がいっぱい。
P1060498.jpg P1060493.jpg

アンコール・トムの石畳の上で灼熱の太陽に炒められる気分を味わいながら、旅はまだまだ続きます☆
nice!(12)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 12

コメント 3

お茶屋

昔の方々は ホントに凄いですよね!
by お茶屋 (2010-07-10 15:24) 

comomon

みなさま、いつもご訪問、nice!をありがとうございます☆
>お茶屋さん
昔の方々ってほんと偉大です☆ 我々も後世の人たちにすごいなぁ、と思ってもらえるように頑張らないといけませんよね。うーん。何を頑張ったらいいんだろう(^^;)
by comomon (2010-07-11 08:07) 

かふぇおれ

こちらの記事、見落としておりましたm(_ _)m
インカ帝国の石積みも、隙間がないそうですね、
昔の人はホンマに偉い...!(@@;
by かふぇおれ (2010-07-11 23:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。